2008年10月18日

乳がん

乳がんは、乳腺(母乳をつくるところ)に発生する悪性腫瘍です。
乳がんの発生や増殖には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きく影響しています。閉経後乳がんの発症率が低下する理由は、閉経により卵巣から分泌されるエストロゲン濃度が下がる為だと言われています。しかし肥満の場合、閉経後も肥満細胞からエストロゲンが分泌され続け、体内のエストロゲン濃度が下がりません。最近中高年女性の肥満が増え、肥満と比例するように閉経後の乳がん発症率が高まってきているそうです。
なお乳がんは、現在日本の女性の20人に1人がなると言われています。乳がんは、女性のがんの中で患者数が最も多いく、毎年3〜4万人の女性が罹っていると言われています。なお乳がんの発症率は、50歳前後で最大となり、閉経後に低下します。そして乳がんによる死亡者数は、毎年増え続けて2007年には11,323人が亡くなっています。なお乳がんは、30〜64歳女性のがん死亡原因第1位となっています。
posted by marco at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月17日

イソフラボン

イソフラボンは、ポリフェノールの一種です。大豆・黒豆、そして納豆など大豆製品に含まれています。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構造を持ち、エストロゲンと非常に近い働きをします。肥満・更年期障害・骨粗しょう症・乳ガンなどの予防や改善に働きがあると言われています。閉経後の女性が積極的に摂ると良い栄養です。
なおイソフラボンの摂取量は、1日に40mg〜50mgが理想です。豆腐なら150g(半丁)・きな粉なら20g・納豆なら60g(1パック)です。
posted by marco at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性ホルモン

バストアップには、女性ホルモンが不可欠です。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、バランスをとりながら分泌されています。
エストロゲンは、卵巣でつくられ、卵胞ホルモンとも言われます。エストロゲンには、子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、女性らしい体型を作ったり、肌の新陳代謝を促進する働きがあります。
プロゲステロンは、腎臓や卵巣でつくられ、黄体ホルモンとも言われます。プロゲステロンには、エストロゲンの働きをサポートし、月経周期の維持や出産準備の機能を整える働きがあります。
なお女性ホルモンの分泌は、20〜30代がピークで、その後は年齢とともに減少し、50歳を過ぎる頃からは急激に減少します。思春期から成長期にかけ、女性ホルモンが多く分泌されると脂肪がつき、バストも大きくなります。
posted by marco at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆でバストアップ

バストアップの食材として、一般的なのが大豆です。大豆には、バストアップサプリメントとして有名なプエラリアにも含まれているイソフラボンが含まれています。イソフラボンには、女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用があり、バストアップに適しています。
また大豆は、畑の肉と言われるように良質なたんぱく質を含んでいます。たんぱく質は、女性ホルモンの分泌にも欠かすことはできません。
なおイソフラボンは、大豆食品である納豆・豆腐・きな粉・おから・油揚げなどにも含まれています。大豆と組み合わせたり、置き換えながら摂取しましょう。またバストアップに良いと言われている鶏肉やキャベツと組み合わせ、相乗効果を狙いましょう。
posted by marco at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆でバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャベツでバストアップ

バストアップの食材として、人気があるのがキャベツです。キャベツは、ダイエットでも美肌でも話題です。そして女性タレントがキャベツを1日1個食べてバストが5センチ大きくなったとコメントし、バストアップでも注目されるようになりました。キャベツには、ボロンという人体や環境の中に微量しか存在しないミネラルが含まれています。ボロンは、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を活性化する働きがあると言われています。そして女性ホルモンの減少による更年期障害や骨粗しょう症の予防に有効であることも分かっています。
なおボロンは、りんご・とろろ昆布・なし・大豆・わかめ・ひじきなど野菜・果物・海草に含まれています。なおボロンは、人体や環境の中に微量しか存在しないミネラルなので、サプリメントの活用も選択肢のひとつとしましょう。またバストアップに良いと言われている鶏肉や大豆と組み合わせ、相乗効果を狙いましょう。
posted by marco at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャベツでバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。