2008年10月17日

ボルフィリンでバストアップ

バストアップクリームとして最近話題となっているのがボルフィリンです。ボルフィリンは、フランスのセダーマ社によって開発されました。ボルフィリンの主成分は、ユリ科のハナスゲから抽出したサルササポゲニンです。ボルフィリンには、塗った部分の脂肪に直接働きかけ、脂肪組織を増大させる効果があります。
なおバストの9割が脂肪で、1割が乳腺と言われています。バストアップサプリメントとして一番有名なプエラリアは、乳腺に働きかけます。しかしボルフィリンは、バストの9割を占める脂肪に働きかけます。このことからボルフィリンの方がプエラリアより大きく期待できるのです。バストアップマッサージと一緒にやると相乗効果があるかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。