2008年10月17日

マッサージでバストアップ

バストアップマッサージは、乳腺を刺激したり、バストの血液循環を良くすることによって代謝促し、バストアップを目指します。バストアップには、乳腺の刺激が不可欠です。バストアップマッサージは次のように行います。
(1).乳輪を優しくつまむようにして20〜30秒刺激する。
(2)乳輪を優しく揉み、マッサージする。
(3)乳房の輪郭に沿って、脇から胸の中心に乳房を優しく持ち上げるようにマッサージする。次に胸の中心から脇に乳房を優しく持ち上げるようにマッサージする。これを2〜3回繰り返す。
(4)両手で片方の乳房を輪郭に沿って上に向かって持ち上げるようにマッサージする。左右5回行いましょう。
また別のバストアップマッサージもあります。
(1)右のバストを右手にのせ、左手は右のバストの上に当てる。
(2)右手でバストを優しく押し上げ、左手はバストを軽く押し下げる。
(3)左のバストも同じように行い。左右20回行う。
バストアップマッサージは、新陳代謝が活発な入浴中や入浴後すぐに行うとより高い効果が期待できます。入浴後行うならジェルやクリームなどを使うといいかもしれません。
なおバストは、大まかに脂肪と乳腺できています。そして9割が脂肪、1割が乳腺と言われています。バストアップには、乳腺の刺激が不可欠です。そして乳腺は、乳首の周りから胸に根をはるように広がっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。