2008年10月18日

乳がん

乳がんは、乳腺(母乳をつくるところ)に発生する悪性腫瘍です。
乳がんの発生や増殖には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きく影響しています。閉経後乳がんの発症率が低下する理由は、閉経により卵巣から分泌されるエストロゲン濃度が下がる為だと言われています。しかし肥満の場合、閉経後も肥満細胞からエストロゲンが分泌され続け、体内のエストロゲン濃度が下がりません。最近中高年女性の肥満が増え、肥満と比例するように閉経後の乳がん発症率が高まってきているそうです。
なお乳がんは、現在日本の女性の20人に1人がなると言われています。乳がんは、女性のがんの中で患者数が最も多いく、毎年3〜4万人の女性が罹っていると言われています。なお乳がんの発症率は、50歳前後で最大となり、閉経後に低下します。そして乳がんによる死亡者数は、毎年増え続けて2007年には11,323人が亡くなっています。なお乳がんは、30〜64歳女性のがん死亡原因第1位となっています。
posted by marco at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月17日

イソフラボン

イソフラボンは、ポリフェノールの一種です。大豆・黒豆、そして納豆など大豆製品に含まれています。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構造を持ち、エストロゲンと非常に近い働きをします。肥満・更年期障害・骨粗しょう症・乳ガンなどの予防や改善に働きがあると言われています。閉経後の女性が積極的に摂ると良い栄養です。
なおイソフラボンの摂取量は、1日に40mg〜50mgが理想です。豆腐なら150g(半丁)・きな粉なら20g・納豆なら60g(1パック)です。
posted by marco at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性ホルモン

バストアップには、女性ホルモンが不可欠です。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、バランスをとりながら分泌されています。
エストロゲンは、卵巣でつくられ、卵胞ホルモンとも言われます。エストロゲンには、子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、女性らしい体型を作ったり、肌の新陳代謝を促進する働きがあります。
プロゲステロンは、腎臓や卵巣でつくられ、黄体ホルモンとも言われます。プロゲステロンには、エストロゲンの働きをサポートし、月経周期の維持や出産準備の機能を整える働きがあります。
なお女性ホルモンの分泌は、20〜30代がピークで、その後は年齢とともに減少し、50歳を過ぎる頃からは急激に減少します。思春期から成長期にかけ、女性ホルモンが多く分泌されると脂肪がつき、バストも大きくなります。
posted by marco at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆でバストアップ

バストアップの食材として、一般的なのが大豆です。大豆には、バストアップサプリメントとして有名なプエラリアにも含まれているイソフラボンが含まれています。イソフラボンには、女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用があり、バストアップに適しています。
また大豆は、畑の肉と言われるように良質なたんぱく質を含んでいます。たんぱく質は、女性ホルモンの分泌にも欠かすことはできません。
なおイソフラボンは、大豆食品である納豆・豆腐・きな粉・おから・油揚げなどにも含まれています。大豆と組み合わせたり、置き換えながら摂取しましょう。またバストアップに良いと言われている鶏肉やキャベツと組み合わせ、相乗効果を狙いましょう。
posted by marco at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大豆でバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャベツでバストアップ

バストアップの食材として、人気があるのがキャベツです。キャベツは、ダイエットでも美肌でも話題です。そして女性タレントがキャベツを1日1個食べてバストが5センチ大きくなったとコメントし、バストアップでも注目されるようになりました。キャベツには、ボロンという人体や環境の中に微量しか存在しないミネラルが含まれています。ボロンは、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を活性化する働きがあると言われています。そして女性ホルモンの減少による更年期障害や骨粗しょう症の予防に有効であることも分かっています。
なおボロンは、りんご・とろろ昆布・なし・大豆・わかめ・ひじきなど野菜・果物・海草に含まれています。なおボロンは、人体や環境の中に微量しか存在しないミネラルなので、サプリメントの活用も選択肢のひとつとしましょう。またバストアップに良いと言われている鶏肉や大豆と組み合わせ、相乗効果を狙いましょう。
posted by marco at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャベツでバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プエラリアでバストアップ

バストアップサプリメントとして一番有名なのがプエラリアです。プエラリアは、テレビや雑誌などで話題となりました。プエラリアは、学名Pueraria mirifica(プエラリア ミリフィカ)というタイ北部の亜熱帯に自生するマメ科の植物です。タイでは昔から若返りの薬とも言われ、女性に愛用されてきました。プエラリアには、女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用があるイソフラボンが含まれ、イソフラボンの含有量は大豆の約40倍にも達すると言われています。タイの大学では、プエラリアの白い塊根が乳腺を増やし、活発にしてバストアップ効果をもたらすことを明らかにしたそうです。また美白・シミ・シワ・にきびなどの美容効果や不妊症・生理痛・生理不順・更年期障害なども改善するとも言われています。
またプエラリアには、豊胸効果や美乳効果があると言われているプエラリンという成分も含まれています。
なおバストアップに効果があるといっても過剰摂取には注意する必要があります。必ずサプリメント摂取の注意事項を読みましょう。

ボルフィリンでバストアップ

バストアップクリームとして最近話題となっているのがボルフィリンです。ボルフィリンは、フランスのセダーマ社によって開発されました。ボルフィリンの主成分は、ユリ科のハナスゲから抽出したサルササポゲニンです。ボルフィリンには、塗った部分の脂肪に直接働きかけ、脂肪組織を増大させる効果があります。
なおバストの9割が脂肪で、1割が乳腺と言われています。バストアップサプリメントとして一番有名なプエラリアは、乳腺に働きかけます。しかしボルフィリンは、バストの9割を占める脂肪に働きかけます。このことからボルフィリンの方がプエラリアより大きく期待できるのです。バストアップマッサージと一緒にやると相乗効果があるかもしれません。

鶏肉でバストアップ

バストアップの食材として、注目されているのが鶏肉です。ここ数年巨乳タレントがテレビや雑誌で人気を集めています。その巨乳タレントに共通する好物が鶏肉です。このことから鶏肉がバストアップの食材として注目されるようになりました。鶏肉には、血液や筋肉を作るたんぱく質が豊富に含まれています。そして鶏肉のたんぱく質は、体に吸収されやすい、良質なたんぱく質です。たんぱく質は、女性ホルモンの分泌にも欠かすことはできません。また鶏肉には、脂肪やコラーゲンが豊富に含まれています。
なお鶏肉は、バストアップに良いと言われている大豆やキャベツと組み合わせ、相乗効果を狙いましょう。また組み合わせることにより、栄養の偏りもなくせます。
posted by marco at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鶏肉でバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エクササイズでバストアップ

バストアップエクササイズで有名なのがアイソメトリクスです。テレビ番組で取り上げられ、話題となりました。アイソメトリクスでは、バストを支える大胸筋を鍛え、バストアップを目指します。またバストが垂れるのも防止できます。エクササイズの時間も短く、簡単なので毎日やりましょう。アイソメトリクスは次のように行います。
(1).胸の前で手を合わせる。
(2)手を中心に向かい、.全力で7秒間押し合う。
(3)力をゆっくり抜く。
なおアイソメトリクスを行う場合、大胸筋に意識を集中させることと息を止めないことが重要となります。そして上記のエクササイズを1日3回繰り繰り返せばOK。また手を合わせる位置を少し変えてもOK。
更に大胸筋を鍛えるならダンベルやペットボトル、そして雑誌などを利用する方法や腕立て伏せなどの方法もあります。

マッサージでバストアップ

バストアップマッサージは、乳腺を刺激したり、バストの血液循環を良くすることによって代謝促し、バストアップを目指します。バストアップには、乳腺の刺激が不可欠です。バストアップマッサージは次のように行います。
(1).乳輪を優しくつまむようにして20〜30秒刺激する。
(2)乳輪を優しく揉み、マッサージする。
(3)乳房の輪郭に沿って、脇から胸の中心に乳房を優しく持ち上げるようにマッサージする。次に胸の中心から脇に乳房を優しく持ち上げるようにマッサージする。これを2〜3回繰り返す。
(4)両手で片方の乳房を輪郭に沿って上に向かって持ち上げるようにマッサージする。左右5回行いましょう。
また別のバストアップマッサージもあります。
(1)右のバストを右手にのせ、左手は右のバストの上に当てる。
(2)右手でバストを優しく押し上げ、左手はバストを軽く押し下げる。
(3)左のバストも同じように行い。左右20回行う。
バストアップマッサージは、新陳代謝が活発な入浴中や入浴後すぐに行うとより高い効果が期待できます。入浴後行うならジェルやクリームなどを使うといいかもしれません。
なおバストは、大まかに脂肪と乳腺できています。そして9割が脂肪、1割が乳腺と言われています。バストアップには、乳腺の刺激が不可欠です。そして乳腺は、乳首の周りから胸に根をはるように広がっています。

ツボでバストアップ

バストアップのツボは、女性ホルモン(エストロゲン)の働きを促進するだん中(だんちゅう)、乳腺の働きに深く関わる天渓(てんけい)です。だん中と天渓を刺激し、女性ホルモンや乳腺の働きを促進することにより、バストアップを目指します。なお女性ホルモンは、女性が美しく、キレイになる為に不可欠です。
だん中の刺激は次のように行います。
(1).だん中を確認する。だん中は、左右の乳首を結んだ線上の中央にあります。だん中は、骨と骨の間にあり、指で押すと軽い痛みを感じます。
(2) だん中に指を2本当て、ゆっくりと3秒押す。これを5回繰り返す。
天渓の刺激は次のように行います。
(1)天渓を確認する。天渓は、乳房の輪郭線の脇で乳首の高さに位置し、左右両側にあります。左右の乳首を結んだ線と乳房の輪郭線交わる脇の近くの部分。
(2)両手で両乳房を持ち上げ、親指は必ず乳首の真横に当てる。
(3)親指で乳房を持ち上げながら胸の中心にゆっくりと押す。
ツボは、バストアップマッサージと組み合わせながら行いましょう。相乗効果が期待できます。
posted by marco at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツボでバストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストのタイプ

バストは、乳腺質と脂肪質に大別されます。なお乳房の9割が脂肪で、1割が乳腺と言われています。しかしこの割合も大きさなどにより、個人差があります。
乳腺質のバストは、脂肪に対して乳腺の割合が多いバストです。固くて動きにくい特徴があります。その為バストが大きい場合でも垂れ下がりにくく、形もそれほど変わりません。
脂肪質のバストは、乳腺に対して脂肪の割合が多いバストです。柔らかく、形が崩れやすい特徴があります。その為仰向けに寝たりするとバストがぺちゃんこになってしまうことがあります。
日本人女性は、欧米女性と比較すると脂肪質のバストが多いといわれています。その為加齢や出産に伴い、バストが崩れやすいのです。日頃からブラジャーのつけ方に気をつけたり、バストを支える大胸筋を鍛えましょう。
posted by marco at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストの構造

バストは、乳腺組織・皮下脂肪・脂肪組織・大胸筋などで構成され、 血管・乳管・脂肪・乳腺・感覚神経があります。
乳腺は、母乳を分泌する組織と母乳を乳頭まで運ぶ管です。 
皮下脂肪は、乳腺の周りを包み込み、保護します。 
脂肪細胞は、クーパー繊維(鎖状に繋がった細胞)などで、乳腺とともに女性ホルモンの影響を強く受けます。
大胸筋は、バスト全体の重みを支える筋肉です。
バストの大きさ・形・弾力・ハリの違いは、脂肪の量や乳腺の発達の違い、そしてその構成比によります。そして美しいバストを作るためには乳腺・脂肪・大胸筋をケアする必要があります。またバスト表面の肌もケアしましょう。なお乳房の9割が脂肪で、1割が乳腺です。そして日本女性のバスト(乳房)の重さは、片方で約180〜330cc(牛乳瓶約2本分)です。
posted by marco at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月16日

男性が理想とするバスト

女性と同様に美しく豊かなバストは、男性にとっても憧れです。男性による理想とするバストサイズの調査結果が次の通りです。最近の巨乳ブームの影響による為か大きなバストを好む男性が増加しているようです。
(1 )Cカップ・・・形重視派です。男性の手に収まるちょうどよいサイズということでトップとなりました。ちなみに日本人女性の標準サイズもCです。
(2 )Dカップ・・・大きさと同時に形も重視する派です。やはりある程度大きさが必要なようです。
(3 )Eカップ・・・大きさ重視派です。ある程度の迫力や見応え、そして触り応えが欲しいようです。背景には巨乳ブームがあるかもしれません。
posted by marco at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男性が理想とするバスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。