2020年12月31日

バストアップ

バストアップは、サイズを大きくしたり、位置を高くしたりするなどの意味で使われます。しかし多くの女性は、バストアップをサイズを大きくしたいという意味で使用しています。それほどバストアップは、魅力的で、切実な問題なのです。
なおバストアップの方法には、次のようなものがあります。
食事でバストアップは、大豆イソフラボンが含まれる大豆・大豆食品、そしてキャベツや鶏肉を食べることです。
サプリメントでバストアップは、プエラリア・ボルフィリン・大豆イソフラボンなどを摂取することです。なお過剰摂取には注意が必要。
エクササイズでバストアップは、ダンベルやペットボトルなどで大胸筋を鍛えることです。
マッサージでバストアップは、マッサージにより血行が良くし、乳腺を刺激することです。ツボと一緒に行いましょう。
ブラジャーでバストアップは、適切なブラジャーを選び、正しく着用することです。女性は、案外ブラジャーの選び方やつけ方を間違っていることが多いそうです。
豊胸手術でバストアップは、最後の手段です。選択肢のひとつかもしれません。
あきらめずに努力しましょう。
posted by marco at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | バストアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理想のバスト・アップ

バストアップには、理想的なバスト・アップについて知ることも大切です。女性にも男性にもそれぞれ好みがあるが、理想のバスト・アップについて次のよう条件がにあります。
理想の大きさは、身長×0.54と言われています。例えば身長が160センチの場合、86.4センチとなります。一度身長から計算してみましょう。目安は次の通りです。
身長140センチ・・・75.6センチ
身長145センチ・・・78.3センチ
身長150センチ・・・81.0センチ
身長155センチ・・・83.7センチ
身長160センチ・・・86.4センチ
理想の形は、半球型だと言われています。形には、三角型・皿型・お椀型・半球型・円錐型・下垂型などあります。お風呂上りにでも鏡でチェックしてみましょう。
理想のデコルテラインには、黄金比率があります。鎖骨の中心から左右のバストトップを結ぶラインが正三角形になることです。また上下では、トップが肩と肘の中間付近ならベスト。横では、左右のトップの距離が顔幅と同じならベストです。こちらもお風呂上りにでも鏡でチェックしてみましょう。
posted by marco at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 理想のバスト・アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月30日

バスト・アップの理想ランキング

バストアップは、理想のバストを持つ女性に近付くことかもしれません。2007年にランキングがに発表されました。1〜10位までにランキングされた有名人は次の通りです。藤原紀香さんがダントツの1位だったそうです。仕事でも私生活でも輝いていることがランキングに影響しているかもしれません。また藤原紀香さんや釈由美子さんは、加圧トレーニングなどに励んでいるそうです。やはりバストアップには、努力が必要なようです。
(1)藤原紀香 さん
(2)ほしのあき さん
(3)綾瀬はるか さん
(4)常盤貴子 さん
(5)倖田來未 さん
(6)佐藤江梨子 さん
(7)杉本彩 さん
(8)釈由美子 さん
(9)米倉涼子 さん
(10)長澤まさみ さん
ランキングは、女性が選ぶ理想のバストとして、2007年1月18日〜20日の集計されたものです。
2020年12月29日

貧乳とバストアップ

バストアップできなかった貧乳の理由は、主に思春期のストレス・偏食(ファーストフードやコンビニ弁当など)・ダイエット、そして生活習慣(夜更かし・規則正しい生活や食事)だと言われてます。それらの理由により、女性ホルモン(エストロゲン)によって乳腺が発達せず、貧乳になってしまったのです。女性ホルモンは、思春期から成人期にかけて分泌され、分泌量が多いほど脂肪がつき、バストアップします。
思春期も成人期も過ぎたからといってあきらめる必要はありません。女性ホルモンは、年齢とともに減少しますが、バストアップに効果があると言われるサプリメントや食事は今からでも摂取できます。またバストアップに良いエクササイズ・マッサージ・ツボも今からでもできます。あきらめずに努力しましょう。
posted by marco at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 貧乳の理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月28日

免責事項

バストアップ情報を紹介しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトの情報を利用する場合、ご自身の責任で内容をご確認の上、ご利用下さい。なお当サイトの情報は、予告なく変更される場合があることをご了承下さい。
また当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害・不利益等について、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。
posted by marco at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 免責事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。